アレルギーの愛犬のためのドッグフードの選び方

犬のアレルギーとドッグフード

犬も人間と同様にアレルギーが出ることがあります。日本の犬の4割近くが食物アレルギーを持っているか、持つ可能性があると言われています。アレルギーの症状として代表的なのは、皮膚病です。皮膚病を発症すると、初期症状として、かゆみや脱毛が見られることが多いです。

犬は、人間のように自分で薬を塗ることができないため、かゆい部分を掻いたり噛んだりして、症状を悪化させてしまうケースも少なくありません。ですから、飼い主が早めに体の異常に気付いてあげる必要があるのです。体をかゆがったり、抜け毛が多くなったり、フケが出たり、下痢や嘔吐が続くときは、獣医に診てもらった方が安心です。

 

食物アレルゲンとドッグフード

犬の食物アレルゲンは、ドッグフードに使われることが多い、小麦や牛肉、乳製品、大豆、鶏卵、スパイスなど様々です。また、食物アレルゲンに加えて、遺伝や環境などが原因となり、症状が出てくるケースもあります。最近は、食物アレルゲンを特定するために、動物病院でアレルゲンを検査してもらう飼い主も少なくありません。

飼い主がドッグフードの内容をチェックして、正しく管理すれば、食物アレルギーは、コントロールすることが可能です。ですから、ドッグフードの選び方には慎重さが必要です。最近は、アレルゲンとなるたんぱく質を分解してあるフードも、人気を集めています。